人気ブログランキング |

もやもや

今日は少し愚痴っぽい話なんでスルーしていただいても結構ですよ。
 
 子供達の保育園は車を止めて、信号をわたって、少しきつめの坂道を登っていく。これを毎日繰り返している。親にとってもいい運動になるしきっと大きくなっても記憶に残るし、何より子供たちと会話をしながら歩けるから朝の貴重な時間だと思っている。
 帰りはもちろん下り坂。帰り道子供たちは駆け足で降りていく。だけど、勢いがつきすぎて道路に飛び出してしまう場面が幾度かあって、私を含めてお母さんたちは心臓が止まりそうな思いをする。我が子じゃない、いつも一人決まっている子に対して。しかも我が子じゃないその子に私たちが「走ったら危ないよ。」と注意している。
 今日とうとうその子は信号を渡ってしまった。ほかのお母さんが一緒にわたってくれたらしいが、私は思った。次もしかしたらその子は信号を渡ってしまうかもしれない、一人でも。
 親なら命の危険があるときにどうして本気で怒らないのか。私はその家庭についていつも疑問に思っている。子供がすることについて親があまり口出しすべきではないと考えているらしいが、子供がもし万が一車にひかれるようなことがあったらなんというのか。「我が子が飛び出したから良いですよ」なんていうつもりなのか?
親が子供の命を守らないで誰が守るのか?私だったら張り倒してでも怒る。人の前で子供を怒らない人も居るだろうけど、子供は忘れっぽい。何のことで怒られたのかも分からないまま怒られるのはだめなんじゃないかな。
「○○ちゃ~ん、だめよ。」それだけ?命にかかわることなのに?
私みたいな人間ががこんなこと言っちゃだめかもしれないけど、危険なことは真剣に怒らないと伝わらないと思う。一旦足を止めてでも今のはだめだと怒るべきだ。
道連れのようにそのこと一緒に降りていった子のお母さんは走っていって捕まえて怒っていた。
その姿を見てなんとも思わないのか?結局一緒に渡ったお母さんがかばってくれたらしいが、本当にいつも一緒に帰ると車の中に入ったとたんに「はあ」とため息がでる。何事も無くてよかったと。いつか何かあってもおかしくない状況だよ、ほんとに。何かあったとき私はその場面を見たくないし、証言するかもしれない。「その子が飛び出したんですよ」って・・・。
たとえ下の子が小さくて抱っこで帰らないといけないなら、上の子に我慢させるべきだよ。一緒に歩いて降りましょうと。それも教育だと私は思うけどな。
 あ~心がもやもやする。私たちの子育てがすべていいとは決して思っていないけど、どうしてもそれだけはおかしいと思った。もういいや、よその子のことでこんなにもやもやするのはやめよう。色々あるさ、人の考えも。だけど私は証言するよ、きっと。
いつもは笑いながら冗談言って「私ならぶっ飛ばしてる」とか言ってるけど心はもやもやなのだ。かわいそうに、子供が。
な~んて最後までお付き合いいただきありがとうございました。

by teru-bouzuh | 2008-01-31 21:50