お星様、そして放置・・・。

先週、試験が終わって次の日、四国のお山のじいちゃんがお亡くなりになりました。

あまりに突然のことで、ショックで、悲しくて・・・。

だけど若旦那のほうがもっと悲しかったに違いない。

私にとっておじいちゃん、おばあちゃんという存在はあまり近いものではなく育ってきた。
だけど片田舎にお嫁に行った私にとってお山のじいちゃんはとても温かく、そして身近なおじいちゃんでした。

どうか天国で楽しく過ごせていますように・・・。

そして大きなお土産を置いてきました。
そう、それは娘たち・・・。

姑さんたち、怒ってるかしら(笑)

「あの嫁め!こんな時期に置いていきおって」って。

いいえ、私は義父、義母さまたちの癒しになればいいかなあと思ったのさ。

あんまりしつこく電話などするとかえって怒られるので放置しておくのがいいらしい。(ほんとはどうかはしらないよ)

娘たちも、それを望んだのでそうしたのだが、一体今なにしてるのかなあ。

いざいないとなると家の中はとても静か。
それはそれでさみしいな。

そう思えるのはやっぱり子どもたちがいつもいてくれるから。
感謝しなくちゃな。

今週末、子どもたちを迎えにまた四国へ。
ETC1000円はやはりありがたいな。
[PR]

by teru-bouzuh | 2010-08-17 22:16