ボキャブラ

昨日のお話。
以前にも書いた職場の人が突然こんなことを言い出した。
「私、会話のボキャブラリーが少ないんだよね。」
確かにその人はあんまり自分から積極的に話をする人ではないので、「うん、知ってるよ(笑)」
といってみた。

どうやら、子ども会の集まりがあったときに、子どもの友達のお母さんに話しかけられて会話が続かなかったことを少し気にしているみたいだった。
「う~ん、でもそんなものだよ。」
私も考えてみたらいぶきの学年のお母さんの友達って呼べる人はほとんどと言っていいほどいない。保育園のときの知り合いのお母さんが少しいるぐらいだ。

参観などで学校へ行けば、一人でぽつんと見てるし、だからといって誰かを探してまで友達が欲しいとは思わない。だってそんなの『うわべ』だと思うから。

役員も別に誰かと一緒にやろうと思ってやったわけではないし、今一緒にやらせてもらっている役員の方々も別にそこだけの付き合いだし、それでいいと思っている。
「私も別に学校とかいけば一人でいるよ~。」というと、
「へ~、意外だね。」
という返事が返ってきました。
「意外?そうだね~私結構一匹狼なんだよ(笑)」

というか、その人がそんな事を言い出すのが意外だったよ。
友達たくさんいたほうがいいけどね。
学校のお母さんは色んな人がいるからね。
慎重にならざるをえないかな(笑)
[PR]

by teru-bouzuh | 2009-03-03 09:32