大人の階段

私の職場の店長のお話。
よく仕事の話や、プライベートの話ほんとによくお話します。もうそれは上司と部下というよりお友達のような感じです。もちろん仕事中は上司なんで敬語で話をするし、言葉には気をつけています。

私からしてみれば、かわいい妹のような感じ、店長からしてみれば「お姉さん」のような感じらしいです。

あるとき仕事の話をそれはもう熱く語ったときがありました。
私、仕事場では情熱大陸張りに熱い人になっているので。
「また一つ大人の階段昇っていくわ、私。」と言うと・・・。
「姉さん、もう立派な大人よね?まだ上っていくの?」と笑われました。
そう、大人の階段昇っていくと行き着くところはどこなのかしら?

人間はいくつになっても成長できるし、していかないとおもしろくないと私は思います。
誰かに「回遊魚みたいやな、止まったら死んでしまうかもな。」と笑われたこともあったような・・・。
落ち着きが無いってことですね(笑)
確かにそうだわ。
それと大人になることは違うようなきがするけど、そんなところです。
[PR]

by teru-bouzuh | 2008-10-29 23:29